夫との馴れそめ

夫との馴れそめ38《保育士さんのお母さんとの関係》

今までの話

はじめから読む

 

結婚式の資金を貯めるために同棲をはじめたのにすぐに働けなくなったしまった私。気がつけば結婚式まで半年をきっていました。保育士さんの実家でお世話になっている間に、式場のことやドレスのことなど色々調べていたんですが、ドレスを一着借りるだけでも相当な値段…。結婚式は仏式と決まっていて(保育士さんがお坊さんなので)、白無垢であることも決まっていて、一生に一度のことだからドレスも着てみたい!!と思っていましたが、値段を見て諦めようとしていたことろ…。

 

なんとなんと、お裁縫の得意な保育士さんのお母さんがドレスを作ってくださることに!!レンタルするより、手作りした方がかなり安く出来るとのこと。式場に問い合わせた所持ち込み可能だということだったので、実際にお母さんに作っていただくことになりました。一緒にドレスの下見に行ったり、ドレスの生地を探しに行ったり、パンフレットを見ながらデザインを相談したり…。一から考える作業がとっても楽しくて、一日中ドレスのことばかり考えて過ごしていました。

そして。私、年頃になってから自分の母親とこうやって出かけた事がほとんどありませんでした。(数回ありましたが、毎回仕事の愚痴を聞かされるので私自身が避けていた部分もある)保育士さんのお母さんなので、結婚すると義理の母になるわけですが、私に取っては《本当のお母さん》のように素直に甘えられて素直になんでも話せる人でした。

過去にブログのコメントで、『なんで夫のお母さんという言い方をされるのですか?義理の母と言うべきです。正しい日本語を使ってください。』と数人の方からご指摘をいただいたのですが、これはあくまで私個人の意見ですが、なんとなく『義理』という言葉を使うのに抵抗があって…。私にとっては《本当の母親》のように慕っているので、義理という言葉を使いたくなかったのです。

保育士さんのお母さんと過ごさせていただき、(お母さんに甘えるってこんな感じなんだな…。お母さんの安心感ってこんな感じなんだな…。)と、本当に色んな発見をさせていただきました。今でもそうですが、保育士さんの実家での私の存在を言葉で表すと、《嫁が嫁いできた。》というよりかは、《手のかかる娘が一人増えた。》という感じです(笑)(←自分で言うなって感じですが)それもこれも、保育士さんのお母さんの《懐の深さ》にあります。持ち上げているのでも何でもなく、事実、保育士さんのお母さんに私は沢山救われました。

続きます。

夫との馴れそめ39《一番楽しかった時期》

POSTED COMMENT

  1. まゆ より:

    義理って私も使いづらいです。なんかあんまりいい言葉のように思えなくて…
    最初に覚えた言葉が「義理チョコ」からだからかな?笑
    でも、正しい日本語使って下さいなんて、言う人いるんですね。NHKの放送じゃあるまいし!

  2. まある より:

    すごい分かります!
    私もなんだか義理のお母さんって言いたくなくて、夫のお母さんって言い方をします!
    私も手のかかる娘が一人増えてる感じだと思います(笑)
    結婚したばかりの頃は色々手伝ってましたが、妊娠、出産を機に、何もしなくていいよ〜の言葉に甘えまくって、本当に何もしません(笑)
    お母さんがもっと歳を重ねて、動くのが大変になった時にたくさん恩返ししようと思ってます!

  3. mozuku7301 より:

    ホリカンさんはお母さんの母親みたいな役割をずっとしてきたんですね。
    おっさんのお母さんに甘えることができて
    良かったですね。

  4. たまき より:

    あえて夫のお母さんって言い方をしてるんだろうなって気付いてましたよー(^^)義母とか姑って呼び方は感覚的にちょっと違うんだろうなって思ってました!
    正しい日本語使ってくださいだなんてわざわざコメントしてくる人いるんですね!余計なお世話ですねー笑

  5. k より:

    以前からずっと興味深く読ませて頂いております。
    失礼ながら、実のお母様から「マルトリートメント不適切な療育」を受けて育ち大人になった女性が、いかにして自分自身と向き合って、実のお母様と向き合ってきたのか。
    「夫との馴れ初め」とのタイトルですが、そこをクリアしたからこそ結婚に至ったと思うので、大切な部分が省略されてしまったようで残念です。
    それともまだ実のお母様との確執は続いているのでしょうか?立ち入った事をすみません。現在進行形のことを書くのは難しいものですからね…
    まだまだ続く記事に期待しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。