夫との馴れそめ

夫との馴れそめ・13

今までの話

はじめから読む

 

私からの《悪質な脅迫》により、付き合うことになった保護観察がスタートした私と保育士さん。

 

 

彼氏

保護観察官

としての職務。それは《私を真っ当な人間にすること。》

 

実母の話・7

 

↑この時期から徐々におかしくなり始めていた私。コメントにもありましたが、メンレラなのかメンヘラじゃないのかといったら、

 

紛うこと無き生粋のメンヘラです。

 

自己肯定感が極端に低く、常にマイナス思考。そして誰かに依存していないと不安で不安でたまらない。自分の居場所を見つけられず、常に不安定な状態だったように思います。そんな私に、保護観察官がまずしたこと。それは

《毎日前向きになるようなメールを送る》ことでした。今の夫からはとてもじゃないけど考えられないような、大好きだよとか♥マークとかがたっぷり使われたメール。(この時の夫は私に対して好きなどという感情はもちろん一切無く、とにかく、明るくさせるにはどうしたらいいのか、色々試行錯誤してくてれいたようです。)そのメールを見てから仕事に行くのが日課でした。そして帰宅後は私の話を最後まで聞き、否定せず。認める。

完全に、カウンセラークライアントの関係でした。

 

続きます。

夫との馴れそめ・14

POSTED COMMENT

  1. えびこ より:

    そういう風に接していこうと思ったことも旦那様の優しさであり、愛情の始まりが行動に移って行ったのかなと思いました。

    奥様更新は大丈夫ですか。こん詰めてお気持ちやお身体がお辛くならない様になさってくださいね。スマホの陰からもう少しお二人の馴れ初めを見守らせてくださいね。

    お幸せをお祈りします。

    • ホリカン&でっかいおっさん より:

      おっさんです。  幸せになれるのか( ゚Д゚) なれないのか (´◉◞౪◟◉)  はまだまだわかりませんね~(笑)

  2. ちゅん より:

    おっさんて凄い人ですね!
    たとえそこに恋愛感情がなくても、他人にそこまで出来るおっさんが凄いな!って思いました。

    • ホリカン&でっかいおっさん より:

      おっさんです。  昔から『一生の中で一人で良いからあなたのお陰で人生が変わった』と言われるよう生きたい。  という目標をもっていましたから( ゚Д゚)

  3. さきこ より:

    本当に今のおっさんがやったら、引くわぁぁぁぁぁ的な内容ですねΣ(゚д゚lll)

    • ホリカン&でっかいおっさん より:

      おっさんです。 まずない( ゚Д゚) あれは 演技かな(*´з`)

  4. はる より:

    おっさん、、、若いのに神様みたいな彼氏やん!

    • ホリカン&でっかいおっさん より:

      おっさんです。  昔からおっさんは おっさんぽかったんです思考が( ゚Д゚)

  5. おかん より:

    こちらのブログを読んで
    どうしてそんなに次々と子供を産んでしまうのかなんとなく理解できました。
    子供を産み育てることで不安を感じられない状況になりますもんね。
    自分が必要とされているという実感も得られますし。
    将来、お子様たちが自立していくときに、また揺らいでしまわないように
    ご主人に癒してもらってくださいね。

    • なちょ より:

      横入りすみません。なんか失礼じゃないですか?産んでしまうのか、とか。ちょっとイラッとしました。

    • 匿名 より:

      産んでしまう。って何?
      子は宝でしょ。
      変なコメントしてくる人もいるんですね。笑
      きっと、嫉妬ですかね。
      かわいそうな人。笑

    • ホリカン&でっかいおっさん より:

      おっさんです。  なるほど( ゚Д゚) そういう捉え方があるんですね。 次々に子どもを産んだのはね・・・おっさんが明るい家族計画をしなかったからです( ゚Д゚) 酔った時に・・・(´・ω・`) 子どもが出来たとて彼女は自分が必要とされているとはそんなに考えてないですよ(*´з`)

    • ゆう より:

      送信される前に、ご自分のコメント読まれましたか?すごく失礼なこと書いていますが。無神経すぎてビックリしました。
      不思議に思ったので返信しても良いでしょうか?
      依存症を紛らわすだのそんな理由だけで子育てって出来るのでしょうか?私にはこんなにたくさんの子達に愛を注いで面倒をみてと、尊敬しかありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。