夫との馴れそめ

夫との馴れそめ24《環境の違いを目の当たりにした私は…》

更新日:

今までの話

はじめから読む

 

初めての食事会に参加し、

衝撃を受けた私でしたが…。

 

(前回の記事で、私がほっとかれたまま皆がお父さんばかりに一生懸命な風に受け取られてしまった方がいましたが、もちろんそうではなく、私に対しても同じように最大限にもてなしてくださった上に、です。

あと、夫目線と記事が行ったり来たりで分かりづらく申し訳ありません。HIV検査を受けて、はれて正式なお付き合い(?)が出来るようになってから数年後あたりのことを描いてます。)

 

 

 

極度の緊張で何を聞かれてもヘラヘラするしか出来なかった私。

そして、仲が良く、常に楽しそうで常に明るい家族の様子を目の当たりにして、

 

(いつも食事は各部屋別々で、挨拶もなく目すら合わさず、まともな会話をすることなんてほとんどない、常に静かで常に暗い私の家とは、全くの真逆だな…)

 

と、自分の育った環境とのあまりの違いに絶句していました。

 

食事も終わりデザートまで出していただいて、帰りも外まで見送っていただきました。

お礼をして車に乗った途端、緊張の糸がぷっつりと切れて堪えきれずに思わず号泣。(そして突然声を上げて泣き出した私にどん引きする保育士さん(笑))

なぜそこまで号泣したのか分かりませんが、多分、『こんな賑やかで、皆がお父さんを敬っていて、皆が仲良くて、常に笑顔が絶えない家族。羨ましい…。私もそうでありたかった。』って思って泣いたんじゃないかな…。と、今になって思ったりしてます。

 

 

 

続きます。

夫との馴れそめ25《お付き合い中の保育士さんと妹さんの会話実録》

-夫との馴れそめ
-, , , , , ,

Copyright© ホリカン&でっかいおっさんの大家族物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.