個性派工務店さんの話

個性派工務店さんの話・10

更新日:

今までの話はこちら。

はじめから読む

 

とうとう

お断りする事に決定し、

 

丁寧に謝罪した上で、

今までの費用についても

請求していただくよう

メールを送りました。

 

 

 

出会った当初、

『自分の納得できる家でなければ

建てたくない。

納得できない家を建てるくらいなら、

別に仕事なくてもいいって思ってます。

別の方法でも食べていけますからね。

僕色々なんでもしますから。』

 

と語っていたモリ氏。

 

ここで、

『生活がありますから。』

と言うなら、

あのときのセリフはなんだったのか…。

 

もし、本当に『生活がありますから』

と言うくらいなのであれば、

 

もう少し、態度を改めても

よいのではないか…。

 

と、余計なお世話な事を

思ったのでした。

 

続きます。

個性派工務店さんの話・11

-個性派工務店さんの話

Copyright© ホリカン&でっかいおっさんの大家族物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.