未分類

家を建てるまでの記録 おっさんからの視点 ⑦

更新日:

 

 

 

気に入った

 

OMソーラーの

工務店さんと泣く泣く

別れたおっさん達

 

次は

 

兵庫県西宮にある

設計事務所に連絡を取りました。

 

すると

 

送られてきたのが

 

あの木の板

を送ってきてくれた工務店。

 

 

この設計士さんも

なかなかいい感じだったのですが

 

板の厚さ屋根の高さ

こだわっている感じでした。

 

 

何でも

 

 

 

暖かい暖気というものは

上にあがっていく性質があり

屋根を低くすることにより

 

 

 

 

部屋全体が暖かくなる

 

家に吹き抜けを作ったり

屋根が高いと

その分

暖かさは上へ逃げるので

寒くなる。

 

という理論でした。

 

 

 

 

家って色々考えて

造られているんだなぁ

 

 

改めて考えさせられました。

 

その設計士さんの作った家も

見学させて貰ったのですが

やはり

天井が低いので

 

巨人族のおっさん家族が

手を伸ばすと手が

天井につくレベル。

 

 

 

 

『子どもが

 もの投げたりする』

 

『家族が巨人族なので

 圧迫感がある』

 

ことを伝えると

 

 

 

 

 

というお返事でした。

 

 

確かに

慣れるのかもしれない・・・

それは住んでみなくちゃ

わからない。

 

しかし・・・

もし慣れなければ・・・

子ども達がおっさん達より

大きくなったら?

 

 

色々考えると

 

この設計士さんとのお話も

なくなってしまいました。

 

 

ちなみに見学に行った家の方は

 

『工務店を探し始めて

 家を建てるのに8年かかった』

 

と言ってました。

 

 

土地を買ってから

一年も満たないおっさん達は

まだまだ

理想の家を探し続けないと

いけないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-未分類

Copyright© ホリカン&でっかいおっさんの大家族物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.