実母の話

実母の話・11

今までの話。

はじめから読む

 

専門学校に通いながらバイトをしはじめたことで初めて『外の世界』とつながるようになり、そこで少しずつ、色んな事に気がつき始めました。それから2年の歳月が流れ、二十歳になった私は仕事終わりにお酒を飲むようになりました。この日、私はいつも以上にお酒を飲み、遅い時間に帰宅しました。

 

今まで積もり積もったものが、この時初めて一気に溢れ出ました。

『酔った勢いで…』というより、『お酒の力を借りて、ようやく吐き出すことが出来た。』という感じです。《ずっと言いたかった。けど言うのが怖かった。》母は、私を傷つけようとしていたのではなく、『ただ話を聞いて欲しかった』だけ。私の役目はそんな母の『話を聞く』という、ただそれだけのこと。言葉にしてしまうと、本当にただそれだけの事なんです。でも、ただそれだけの事なのに、

私はもう限界でした。

続きます。

実母の話・12

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    わかります。私もほぼおなじ毒親だったので、もう愚痴を私に言わないで!って言ったことあります。
    そしたら「母親の愚痴を聞くのが子供の役目でしょ?!」ってキレられました~!
    子供は親の所有物なんだそうです。
    また、「見返りのない愛はあげない。今あなたを育ててるのは将来楽させてもらうため」とも言われましたよ。
    今は色々あって絶縁してます

  2. たーぽん より:

    初めまして。いつも楽しく読ませて頂いてます!
    わたしも父親が小さい時から嫌いで絶対あんなにならないと思って30年間来ました。
    すぐキレて暴力当たり前。自分の思い通りにならないと出かけていても帰ると帰り出す。
    浮気当たり前。本当にいい所を見つけようと思う方が難しい程でした。
    今結婚してこの家を出て縁を切ると思っていましたがなかなか切れない自分がいます。
    子どもが産まれあんな親にならないと思っていたのに余裕がなくなると怒って怒鳴ってしまう。
    鏡を見た時世界で1番嫌いな父親がそこにいるように感じました。
    変わりたいのに突き放したいのに変われない。
    すごく苦しいです。
    ホリカンさんの記事を読んですごくわかりました!

  3. エリっち より:

    今回ちょっと涙でました。
    毎回毎回、自分の過去を掘り起こしているようで…
    長女なんだから、お母さんは大変なのよ!って、話を聞く、ただそれだけかもしれないけれど、とても苦痛を感じてきました。
    初回だったかな?息をするように愚痴をはく、にびっくりしました。
    それそれそれ!その表現秀逸!!!と。
    いつもコメントのタイミングに迷ってましたが、思わずコメントしちゃいました。乱文でごめんなさい。
    これからの更新も楽しみに(?)してます。

  4. より:

    私も、ホリカンさんよりずっとずっと恵まれてるのですが、母には複雑な気持ちを持ち続けています。
    両親の不仲。そして母親の過干渉でした。
    そしてそんな気持ちを引きずったまま40歳を過ぎてしまいました。
    きっと人に話したらなんて事無い、親子の日常なんです。
    優しい、何でもしてくれるいいお母さんじゃないかと。
    でも私には生き地獄でしかなかったのです。辛かったです。でも、母を一人置いては行けなかったです。
    結婚してようやく逃げることができました。
    私は両親には未だに本当の気持ちを伝えられていません。こわいのです。
    でもきっと母は覚えてないでしょう。
    物忘れが進んでます。
    きっと私はこのどうしようもない気持ちを抱えたまま、生きていかなくてはならないのだと、覚悟してます。
    でも抱えきれず、心療内科に通ってます。
    ホリカンさんがこんな辛いことを思いだしお話ししてくれるのはとても嬉しいしなんと言っても心強いです。
    私だけではないんだと思えるだけで救われます。
    ありがとうございます。

  5. ぽち より:

    とうとう吐いたのですね!!

    でもこういうタイプの人って…
    愚痴を言っている自覚がないから、
    藪から棒に何を言うんだという感じなのでは。

    私の母も、起きている間中、文句のオンパレードでした。
    その割に、ストレスレスな感じなんですよね。
    口をついて出てくるだけなんでしょうね。

    40度近い熱で寝込んでいるときにも頭元で言われた時は、とにかく今日は勘弁して、もう倒れそう、と言いましたけど、ふぅん。。。みたいな感じでした。

    中国に旅行に行った時は、現地に着陸する時から、中国の悪口言ってました。それなら中国なんか旅行先に選ばなきゃ良かったじゃん!と一喝したら、悪口言って見下して清々するのよ!と、信じられない返答でした。

    そんな母の口癖は、人に上下なんかない、心が大切、です。

    凄過ぎて、二の句が告げられないことが多々ありました。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。