夫との馴れそめ

夫との馴れそめ・14

更新日:

今までの話

はじめから読む

 

保護観察官として

私を真っ当な

人間にするため、

 

色々試行錯誤

してくれていた保育士さん。

 

徐々にですが

かわりはじめてきたある日…。

 

 

 

こちらでも

少し触れていますが、

私が実母の話を描く理由

 

当時の夫から

この言葉を聞くまで、

 

《母と同じ事を

してしまっている自分に

全く気がつかなかった》

のです。

 

あれだけ

イヤだったはずなのに、

自分の性格が

歪んでしまうほど、

イヤでイヤで

たまらなかったはずなのに、

 

《自分も同じ事を

している。》

しかもそのことに

今まで全く

気付いていなかった

なんて。

 

まさに

青天の霹靂。

鈍器で頭を

かち割られたような

衝撃が走りました。

 

(そしてこの時になって

初めて、今まで私が

フラれてきた理由が

分かったのでした。)

 

その人の持つ

性格というのは、

余程のことが無い限り

変えることは難しい。

 

しかし、変えることが

できなければ

一生そのままなのです。

 

ここから私という人間の

破壊と再構築

が始ります。

 

続きます。

夫との馴れそめ・15

-夫との馴れそめ

Copyright© ホリカン&でっかいおっさんの大家族物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.