夫との馴れそめ

夫との馴れそめ・14

今までの話

はじめから読む

 

保護観察官として私を真っ当な人間にするため、色々試行錯誤してくれていた保育士さん。徐々にですがかわりはじめてきたある日…。

 

 

こちらでも少し触れていますが、

私が実母の話を描く理由

 

当時の夫からこの言葉を聞くまで、《母と同じ事をしてしまっている自分に全く気がつかなかった》のです。

あれだけイヤだったはずなのに、自分の性格が歪んでしまうほど、イヤでイヤでたまらなかったはずなのに、《自分も同じ事をしている。》しかもそのことに今まで全く気付いていなかったなんて。

まさに青天の霹靂。鈍器で頭をかち割られたような衝撃が走りました。(そしてこの時になって初めて、今まで私がフラれてきた理由が分かったのでした。)その人の持つ性格というのは、余程のことが無い限り変えることは難しい。しかし、変えることができなければ一生そのままなのです。ここから私という人間の破壊と再構築が始ります。

 

続きます。

夫との馴れそめ・15

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ホリカンさんのお母様の話に共感して、そこから遡って馴れ初め記事を読んでいます。とても面白いです!!

    わたしの母も愚痴ばかりで。私も愚痴=話題のような感じに捉えてしまい、ある日、友達に、またその話?!また始まった!!と言われ、ハッとしました。

    気付かせてくれた友達は、今も友達でいてくれ、、私は今も感謝しています。

    子供の前では愚痴やマイナスワードは言わない。
    愚痴る前に、愚痴の原因を探して対処できる時はして無理なら避けるとか。。(抽象的な、ふんわりしたこと言ってすみません*´ー`*)

    それをまずは、やっていこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。