夫との馴れそめ

夫との馴れそめ20・愚痴まみれだった私がどのように変わっていったのか

更新日:

今までの話

はじめから読む

 

馴れ初めを描き始めてから、

『愚痴ばかりだった

ホリカンさんが

どのように変わっていったのか

詳しく教えて欲しい』

というご要望をいただいたので

ちょっと描いてみました。

(以前描いたものと

若干重複する部分もありますが)

 

 

 

恐らく、私に愚痴を

浴びせ続けていた実母も

同じだったと思うのですが、

 

愚痴を言ってしまう背景には、

私の場合、

『私の事を認めて欲しい』

『私に構って欲しい。

共感して、慰めて欲しい』

という思いが隠れていたんだと

思います。

 

今までお付き合いしてきた

人たちは、

私が愚痴を言いだすと

面倒くさくなって

離れていきました。

(そりゃそうだ)

 

しかし、保育士さんは

離れて行かず、

私を変えようと

諭してくれました。

 

しかし、

愚痴を言う人の特徴は

『ただ黙って聞いて欲しい。

アドバイスや否定はいらない』

という厄介なもので、

 

普通毎回こんな感じで

諭されてばかりいたら、

自分から離れていってしまうと

思うんです。

 

だって、ただ話を

聞いて欲しいだやのに、

毎回聞くどころか

怒られ(諭され)るんですもん。

居心地よくないですよね。

 

でも離れませんでした。

それは何故か。

 

私の周りには

今までこんなふうに

私の事を思って

諭してくれる人は

誰もいなかったから。

 

みんな逃げちゃうから。

 

過去の記事にも

描いてますが、

 

私自身、

この人は運命の人!!

と強烈に感じていた

こともあり、

《今変わらないと

ずっとこのままだ》

という思いもあったので、

 

離れるという選択肢は

全くの0でした。

 

で、どうしたかというと

愚痴を言うのではなく、

そのエネルギーを

別の方向に

昇華させる。

 

ということに努めました。

 

凶星を使う

 

↑にも描いていますが、

私の場合、

『子どもが好き』

『絵を描くことが好き』

 

という2点があり、

実際にこの時、

既に児童絵画講師をしていて、

(最終的に保育士さんのアドバイスで

3箇所掛け持ちすることに

なります。)

 

保育士さんに言われるまでは

なぜか不思議と全く

気がつかなかったんですが、

確かに、

 

児童絵画の講師をしている間は、

愚痴やイヤな気持ちは

全く沸いて

こなかったんです。

とにかく楽しくて、

子どもとふれあっているとき

絵を描いたり教えたりしているときは

全く別人格のように

明るい私がいました。

 

しかし、

それ以外の場所では

愚痴っぽくて

どこか暗い私なんです。

 

このことに

言われるまで

気がつかないっていうのも

おかしな話なんですが、

 

確かに、実際に

そうだったんです。

 

これがまさに夫の言う、

凶星を使う

ということに

ドンピシャで

当てはまっていたんだと

思います。

 

要約すると、

 

○愚痴を言う

○しかし諭される

○聞いて欲しいだけやのに…

と思いつつも、

離れたくないので

素直に言うことを聞く

○しかし、やはりまた

愚痴を言う

○しかし諭される

 

延々この繰り返しです。

ここで、

私自身逃げなかったことと、

保育士さんも逃げずに

向き合ってくれたことが

大きな分岐点だったと思います。

 

なんていうか、

個人指導の

自己啓発セミナー

みないなものです(笑)

 

占いの結果の

凶星を使う

という観点からの

アプローチもあり、

 

付き合い始めて

半年位たってから

徐々に変化していきました。

(ちょうど前回の検査

したあたりです。)

 

徐々に変わり始めるまでに

半年も延々です。

本当に根気がいったこと

だったでしょうし、

気が長くないと

とてもじゃないと

出来ないことだと思います。

 

長くなりましたが、

こんな感じだったと

思います。

 

馴れそめ、また続きます。

夫との馴れそめ・21検査結果を受け、保育士さんはどうしたのか。

-夫との馴れそめ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ホリカン&でっかいおっさんの大家族物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.