夫との馴れそめ

夫との馴れそめ23《初めての食事会で震え上がったこと》

皆様、ダイエットブログの方にも沢山のコメント本当にありがとうございます😂✨✨全てありがたく読ませていただいております。😭✨さて、私が5年の月日を一気に飛ばしてしまってから、夫目線の話が追いつくまでお休みしていた馴れそめ話。流石にここから一気に結婚まで行くのは無理があるので(じゃあなんで5年飛ばしたんやって話なんですが…)少しずつ再開させたいと思います。(もちろんダイエットも継続しつつ💪‼)

 

今までの話

はじめから読む

 

夫目線でも書かれてありましたが、

→★

保育士さんの実家で児童絵画をさせてもらうようになってから数年がたった頃。初めて保育士さんのご家族のお食事会に行かせてもらうことになりました。

 

児童絵画で何度もおじゃまさせていただいていましたが、保育士さんのお父さんと妹さんに会うのはこの時が初めてでした。大きなテーブルに並べられた豪華な食事。(もちろん全てお母さんの手作り)そして、家族皆のお父さんに対する接し方。

うまく言えないのですが、例えるなら『昔ながらの厳格な家庭』という感じで、お母さんは常テキパキと空いたお皿を下げたり新しいできたての料理を運んできたり、お父さんのビールがなくなるタイミングで新しい物を持ってきたり、妹さんも、お父さんのお皿が空になるとすかさず新しい料理をお皿に盛って出し、お父さんの前の大皿がカラになったらすぐに下げて新しい料理のお皿を前に置いたり。

『家長である父親が優先』。全ての行動からお父さんを敬っているのが感じられて、しかもそれがごくごく当たり前になされていて、自分の家とのあまりの違いに震え上がったのを覚えています。

 

続きます。

夫との馴れそめ24《環境の違いを目の当たりにした私は…》

POSTED COMMENT

  1. まる子 より:

    飛ばしすぎで、わからないです〜。
    実家の食事会に呼ばれるってことは、この時は男女として交際してたんですかねぇ…
    キスも拒んでるような建前だけの女を、実家の食事会に呼ばないと思うんですが…その成り行きが知りたいです!

  2. 匿名 より:

    ここではホリカンさんがゲストで家族はホスト側なのにせっせと父親の料理を気にするなんて韓国みたいですね。

  3. tamamin より:

    アハハ( ^∀^)
    でっかいおっさんのblogに時々登場する
    おっさんのお父さんを思い出すと
    なんだかおっさんのお父さんが可愛らしいキャラクターに思えてくる。

  4. とく より:

    これはおっさんもこじらせますなぁ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。