実母の話

結婚後の実母の話3《追い詰められる》

更新日:

今までの話

はじめから読む

過去にもコノビーさんの方で描かせていただきましたが、2人目3人目4人目5人目を出産した産院は本当に素晴らしくて大大大大大好きな産院なんですが、1人目を産んだ産院がもう本っっ当に最低最悪な産院で(コノビーさんの記事に飛びます)

厳しすぎる産院で・・・初めての出産で「産後うつ」になった私が救われた一言

↑このほかにも、『○○さん(私)って絶対根暗やんな~?なんか明るく振舞ってる風やけど、絶対友達少ないやろ?!引きこもりタイプやろ?!なんか見てて分かるわ~。暗いオーラしてるもん。』って平気で言ってくるんですよ。(実話)

(もうね、本当笑けるくらいひどい言葉を浴びせられ続けました。いや、実際根暗ですよ私(笑)当ってますけど、普通そんな事助産師が面と向かって言います??くそ~!!今やったらめっちゃ言い返せるのに~!!(笑))

婦長を筆頭に看護師全員が酷くて、経産婦や母乳が良く出る人に対してはとても優しく、私のように初産婦にはあきらかな『いじめ』が日常的に繰り返されていたようです。(数年後、クレームがでたのか?婦長を含めて看護師全員が総入れ替えされたらしいです。)

初めての出産で不安な事だらけの中、こんな産院でまともな精神状態でいられるわけがありません。

的確に急所を貫いてとどめを刺してきた実母。

本人は全く悪気はないと思うのですが、母乳が出ず毎日悩んでいた私に対して『まだおっぱい出てないの?』『普通はすぐ出るもんやで』『お母さんの時はすぐ出て大変やったで』『お母さんが教えてあげたことをすぐにやらないから出ないんじゃない?』という言葉の数々は私をどんどん追い詰めていき、

『早く飲ませてあげないと子どもがかわいそう。』

という言葉で見事にとどめを刺されました。実母が帰った後、泣き続ける我が子を抱きながら『こんな母親でごめん。かわいそうな思いをさせてごめん。ごめんごめんごめんごめん…。』と号泣しました。頭の中で(私は死んだ方がいいんだ。)ということまで考えだしていました。この時の私の精神は完全に崩壊していたと思います。

(コノビーさんの記事にも書いていますが、退院後すぐに桶谷式の助産師さんの所へ通うようになり、この助産師さんとの出会いで私は救われました。退院後は自分の実家でなく夫の実家でお世話になっていたのですが、もし自分の実家へ帰っていたら…と考えるととても恐ろしいです。)

続きます。

-実母の話
-, , , , , , , ,

Copyright© ホリカン&でっかいおっさんの大家族物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.