家を建てるまでの記録

解体 4日目

3日間、思いつくまま

家の壁を叩いたり、屋根を引っぺがしたり

したおっさん達ですが

外観は

 

かkk

 

『何の変化も起こってない』

状態でした。

そして今日はおっさん一人での解体作業。

 

 

壁を剥がし・・・

 

思いつくまま

 

天井を取りました。

すると出てきたのは家の躯体・・・・

躯体とは『くたい』と読みます。躯体とは床・壁・梁などの建物の構造を支える骨組みの事で『木造』『重量鉄骨』『軽量鉄骨』『鉄筋コンクリート』などがある。

 

躯体は軽量鉄骨と呼ばれるものでした。

 

電気のコードはびろん びろん

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。