未分類

土地の電線問題

関電に電話すると神対応で

すぐに日程を打ちあわせて見に来てくれる事になりました。それまでの間、色んな人に電柱の話をすると『電柱は無理やろ~』『それくらいの線なら問題ないって』『撤去するのはしてくれるけどお金とられるで』『電柱一本○十万やな』『取って貰えたらラッキー』とコメント欄では電柱はどけれる派しかいなかったのに・・・。おっさんの周りでは撤去してくれる派が一人もいませんでした。不安になるおっさんですが・・・関電さまの判断を仰ぐしかないので来てくれる日を待っていました。

そして約束の日・・・関電さんはおっさんの家にちょっとかかる電線を見て『これは支柱線なので電気は走っていません』と言いました。電線関係無知なおっさんは

 

状態でした。イラストでわかりやすく説明すると

 

 

こんな感じで線があって電気がはしってるんです。

上のイラスト見てもらったらわかるんですが

何本もの線で引っ張られてるんです。

 

引っ張られる

 

ということは・・・・・

 

 

そして

 

それを防ぐために

 

 

この支柱に

 

 

 

線を張って反対側から引っ張る様です。

 

 

 

これで電柱が倒れるのを防いでいる重要なアイテム。

 

そんな重要なアイテムをすんなりと

どけてくれるのか?

 

話を聞いていて不安になりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。