家を建てるまでの記録

受益者負担金に振り回させれる

役場に行くと

『だいたいこの広さだと10万円以上かかる』

『正確な家の広さを知るため

法務局に行って登記簿をとってきて』

と言われました。

 

おっさんの町に法務局がないため

隣の隣町まで行って来ました。

そして手続きをすること

30分・・・・

 

返ってきた言葉は

 

 

現在この地域は

何かに指定されて

歴史的な何か!が発見される

可能性があるため登記簿を出すことが

出来ません・・・

 

 

そんな答えが出ました。

 

 

早速、村に帰って

その旨を伝えました。

 

 

すると・・・・

 

『じゃあ

ちょっと

役場で

調べてみますね』

 

 

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. もりお より:

    面積等は町や市から毎年届く、固定資産税等の納税通知書(課税明細書)で、確認できるのでは?
    遺跡の件も、町や市によって課の名前が違うと思いますが、教育振興課のような名称で、聞ける課があると思います。『住宅の建て替えを行いたい。埋蔵文化財で問題があるかないか教えてほしい。もし、問題があるなら問題を解決できる案を教えてほしい』ような事を言えば、きっと教えてもらえると思います。
    長々コメントすみませーん!しかも遅い。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。