家を建てるまでの記録

受益者負担金に振り回された結果

受益者負担金のことで水道局に振り回されたおっさん。

結局、法務局にいくも何も調べれず

町の水道局が調べてくれる事になりました。(じゃぁなんで隣の隣町まで行かせてん)

そう思いましたが、そこはぐっと飲みこんで結果を待っていたところ・・・

水道局から電話がありました。

 

『ご都合のいい時間に伺ってもいいですか?』

 

 

『こちらから行きますよ』

 

 

こう伝えても

 

『いえウチから行きます』

 

 

 

一向に譲らない水道局・・・・

 

『わかりました』

『この時間帯ならいます』

 

と伝えると

すぐに水道局の方が飛んでこられました。

 

そして

 

『調べたところ受益者負担金は過去の持ち主が

支払っていたので

おっさんは払わなくてよいです』

 

『こちらの不手際で申し訳ありませんでした。』

 

 

 

10万円近くの支払を覚悟していた

受益者負担金・・・・

 

その土地の持ち主が一度払ったら

それ以降、土地の売買があっても

次の人は払わなくていいシステムだったようです。

 

水道局に『十万くらいはいる』

とビビらされ

法務局に走らされて振り回されましたが

 

受益者負担金は払わなくて済んだので

ラッキーでした。

 

 

 

それにしても

家を建てるというのは・・・

色々あるものだと思いました。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。