家を建てるまでの記録

解体 2日目 後編

おっさんがノリで買った古い家付きの土地の解体費が軽量鉄骨の家で解体するだけで何社か見積もりを取ったところ大体平均で210万円くらいかかってしまうという事でした。この210万円を何とか圧縮できないか・・・・色んな人に相談しているとある時に面白いお話がありました。

そのお話とは 解体を自分で行うこと!でした。 そんな事が出来るのか?と話を聞いていると『時間はかかるけど出来る』『昔は近所の人が集まって家を壊したんや』『近所に迷惑をかけなければ大丈夫』『手続きを踏めば問題ない』等々・・・ ネットで検索してみても個人で行うのに問題はないという答えでした。

 

そこでおっさん暇な友人(元保育士ニート)を集めて家を解体することにしました。

2日目は自分の持ってる工具の中から『バール』というアイテムを探し出していざ

出動!とにかく壁という壁をハンマーで叩きまくりました。

 

 

 

その結果がこれ

 

 

 

 

 

 

ただただ 見えている部分を潰す・・・・

子どものようなことをしていました。

2日目が終わり

ゴミの山を見て頭をよぎったのは・・・・

 

ということでした。

 

つづく・・・・

POSTED COMMENT

  1. あいあい より:

    とても楽しみ。再利用するおつもりがあるなら、火はつけられませんよね。(どっちにしても、無理ですね。)木材は、傷んでなければ使えそうですし。

    そのあたりを気にせずに壊すと言ったら、ブルドーザーかなあ、って思います。

    アメリカでは不要になった家が数万円でたたき売りされ、内部をきれいにしたりとりかえたりで、でも最初の10倍もしない値段でまた競売にかける、というのがあるようです。家の工事をする場所まで古い家を移動させるため、道路を通って運んでいくのです。

    とても楽しみにしています。

    • ホリカン&でっかいおっさん より:

      あいあいさん ありがとうございます( ゚Д゚) ここから ガンガン やっていきます( ゚Д゚)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。