夫との馴れそめ

夫との馴れそめ・16

投稿日:

 

 

楽天ROOM開催中

 

皆様ご無沙汰しております。

 

私の過去が

それはもう

気持ちいいくらい

ボロカスに

描かれているためか(笑)

夫目線からの話が

思いの外反響があり、

多くの方にコメントを

いただきました。

皆様ありがとうございます!

(夫の株が急上昇中です(笑))

 

私はこちらの話で、

夫との馴れそめ・11

夫との馴れそめ・12

 

すぐにお付き合いに

こじつけたように

描いていますが、

(先に進めたかったので)

 

実は色々あったんですね~。

(肝心な部分めっちゃ

はしょってましたね

私…(笑))

夫目線からの話を読んで、

当時の事を色々

思い出しました。

 

あのとき、

どん引きされながらも

ハイエナの如く

食らいついて離さなかった

おかげで

今があるのだと思うと

非常に感慨深いです。

(当時の夫には

本当に申し訳ないけど)

 

さて、私から目線の話は

久しぶりなのですが、

夫目線からの話も

お付き合い(保護観察)まで

追いついてきたので

ぼちぼち

進めさせていただきたいと

思います。

 

 

今までの話

はじめから読む

 

 

 

毎日の電話で

夫との馴れそめ・15

 

↑にも出てきた詩を

朗読させられる日々…。

 

一旦、

今までの自分を破壊し、

再構築する作業は

精神的にもかなり

辛いものでしたが、

 

私自身もこのままでは

いけないという思いがあったので

ひたすら毎日

自分と向き合いました。

 

保育士さん(当時の夫)も

厳しくはするものの、

決して突き放すようなことはせず、

私を見守ってくれていました。

 

その甲斐あって、

本当に少しづつでは

ありましたが、

心から笑えるように

なっていきました。

 

そして、

しばらくたったある日…。

 

 

(3コマ目が

気持ち悪く描けて

非常に満足してます。)

 

 

夫目線のこちらでも

描かれてありましたが、

付き合ってから ④

今までの彼氏とは

3ヶ月持たずフラれ、

また

あまりまともな人が

いなかったからか(笑)

 

さほど思い出に

残るような

デートは

したことがなく、

 

そのことを不憫に思った

保育士さんが、

色んなところに

連れて行ってくれました。

(このあたりもう少し詳しく

夫が書いてくれないかと

期待してる)

 

もちろん、

私は浮かれに浮かれまくる

わけですが…

 

付き合って

日もたつというのに、

恋人らしい事は

一切しておらず、

なんとなくもどかしさを

感じていました。

(この時の私は

保護観察ではなく

お付き合いだと

思っていたので)

 

意を決して、

私からアピールして

みたんですが…

 

全力で拒否

されました(笑)

 

 

当時の夫は日頃から、

 

『おれの元で

精神的に安定したら、

いつでも

飛び立っていって

いいからね。』

 

と繰り返し

申しており、

(詳しく(?)はこちら↓)

付き合ってから ①

(コメント欄で

正解している方が!!

このイラストでよく

分かりましたね(笑)!!)

 

この言葉の

本当の意味が、

《精神的に安定するまでは

保護観察官として

見守ってあげるけど、

落ち着いたら

 

別の彼氏見つけて

僕とは

別れてくださいね。》

と言う意味だとは、

 

当時の

空気の読めない

夢見る夢子ちゃん

な私が

理解出来るはずもなく。

 

夫からすると、

(いや、恋人ちゃうし。

保護者やし…。)

ということで、

 

一般的な

彼氏彼女のような

イチャイチャは

ことごとく

全拒否でした。

 

続きます。

-夫との馴れそめ

Copyright© ホリカン&でっかいおっさんの大家族物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.