家を建てるまでの記録

理想の家を求めて

おっさん今家の解体を行っていますが・・・潰すのと同時にどんな家に住みたいのか、どんな家が理想なのかを日々考えています。そんな中、一番初めに出会った工務店さんに板倉工法なる家の作り方があることを教えて貰いました。残念ながらその工務店さんとは破談になりましたが・・・・

板倉構法とは

 

板倉の家づくり

板倉は、日本古来の神社や穀物倉庫を造ってきた優れた木造建築技術です
板倉の家はそれを応用したものです
材料はスギを使います
スギは日本原産の木、そして日本に豊富な資源
これを大切に使うことで、資源を絶やさず、いつまでも暮らすことができます
石油や原発に依存することなく、森林資源を生かす暮らし方は、日本人の優れた知恵です
杉を生かす暮らしの提案、                                            未来に生きる杉の家です

板倉構法は、柱や梁などの構造の他に、床や壁や屋根にスギの厚板を用いることで、
堅牢で長持ちする家、燃えにくい家、
湿気がこもらず、結露しない家、
冬温かく夏涼しい家をつくることができます
スギの無垢材だけで家をつくるので
シックハウスの心配もありません
有害な廃棄物も出しません

板倉の家の燃料は薪
端材を有効に活用
薪ストーブと薪ボイラーで石油を節約します
薪の熱は遠赤外線で、
やわらかく部屋と水を温めます

日本板倉建築協会 HP より

 

 

 

 

 

こんな感じで

杉の木を使って板を作り

木の柱と木の柱間に板をはめ込んでいく構法

イメージで言うと

キャンプ場にあるような

コテージ・ログハウスのようなイメージかなぁ

と思います。

 

こういう木の家って高いんだろうなぁ・・・

夢のまた夢なんだろうなぁ・・・

 

ただ解体をしてて思うことは・・・

家づくりには

体に悪いモノが含まれすぎている

ということ・・・。

 

どんな家が理想なのだろうか・・・

日々、考えております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。