家を建てるまでの記録

蜂に刺される

蜂に刺されてからというものどこから蜂が襲ってくるか分からない状態にびびっているおっさんは中々解体に行く勇気が出ませんでした。なんせ今回刺されたのは無音で飛んでなかったスズメバチ・・・。 解体しているとどこもグチャグチャなため 音を出して飛んで来てくれたらわかりますが・・・無音だと自分も大きな音を立てて壊しているため全く気がつきません。とにかくこれはネットの知識に頼ろうと検索した結果

 

蜂の巣駆除をしていて多くのお客様から質問を受けます蜂に2度刺されたら死ぬと言われてますが、
本当ですかの?質問


とても大事です。よく聞いて下さい。
ハチ毒アレルギー体質の方もともと体質的に生まれた時から持っている方は一回刺されても、アナフィラキシーショックにより生命の危険があります。蜂アレルギーの検査は花粉症や皮膚アレルギーの検査と希望して追加でハチ毒アレルギーの検査も一緒にできますので、気になる方は自分の体質を知って身を守って下さい。日本では、毎年30人以上の人が蜂に刺されて死亡しています。
熊による年間の死亡犠牲者数が環境省資料によるとここ十年で1人~5人 毒へび、毒トカゲで4人~多い年で11人圧倒的に蜂に刺され死亡する犠牲者数が多い事が解ります。ここ数年は、蜂に対する危機意識や蜂の巣の駆除意識も強まって10人~20人に減少しています。蜂に対する知識や自己意識を持てば、蜂の死亡犠牲者数を0にする事も可能だと思います。

一度ハチに刺されても、ハチ毒アレルギー体質にならなければ2度目も大丈夫ですが、何回も刺されたり、スズメ蜂や多くのハチに刺されたら、迷わず病院で治療を受けて下さい。
また1度刺されて、蜂アレルギー体質になる場合があるので気をつけましょう。蜂アレルギー体質になると、アナフィラキシーショック症状をおこし生命が危険です直ぐに病院または、119番に連絡し、救急車で病院に搬送して下さい
蜂の毒は、免疫はつきません
ハチ毒の場合は免疫はつかないで、1回刺されたら、抗体が出来きこの抗体よって刺されて1年以内(蜂に刺されて期間が短い程)は過剰に反応します。と言うのは一回目よりも2回目以降が腫れや症状が重くなります抗体は体にとって良いのですがハチ毒に対しては、一回刺された事により抗体が次回のハチ毒の攻撃に備え警戒し増強、増量をします2回目にハチ毒が体内入ってくると多くいる抗体がハチ毒と一緒に正常な組織も、無差別攻撃してしまいますので前回よりも症状が悪くなります1回刺されたら2回目は、刺されない様に注意が必要になります。

首の周りや顔面、頭部は毛細血管が多く酷く腫れたり、脳や延髄がある為危険です。治療を受けて下さい。
20年近くハチの巣駆除に携わってきて医療機関の方と話をする事も多くありますが一言で言うとハチに刺されたら皮膚科、内科、外科などの医療機関で診察、治療を受けて下さい。ハチに刺された経験のある方は、ご存知だと思いますが、蜂に刺されて痛みもある一面、不安が増してきます。もしかしたらハチ毒によって死ぬのではないかとか強い不安に駆られますそれも蜂に刺された症状の一つなので、治療をうけると、とても安心します。経験上、私も職業的に10回以上刺されていますので良くわかります。土日など医療機関が休みの場合は、薬局やドラックストアーの薬剤師に刺された傷口を見せアドバイス受け。薬を買って下さいいろいろ教えてもらえます。

当社は医療関係のアドバイスや医療の問い合わせは出来ません。蜂に刺されたら病院に電話して聞いて下さい。

蜂の駆除センター より抜粋

 

これを読んで

余計に怖くなりました・・・。

 

 

しかしいつまでも怖がっていても仕方がないので

 

取りあえず

虫を殺虫できるなんか凄そうなもの

を買ってきて

 

 

 

至る所に置いて

 

一日放置することにしました。

 

これを置くために

家に入ることすら怖かったです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。