でっかいおっさん

付き合ってからの話⑩

 

前回のお話はこちら

★★★★

 

天一で彼女の

 

絵に対する気持ちを

聞いて

 

 

 

こう思ったおっさんは

 

彼女に

 

こう提案してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、

うちの母親は

小学校の勉強についていけない

近所の子たちを家に招いて

勉強を教える

寺子屋

(少しの月謝は貰っていた。)

 

みたいなことをしていました。

 

 

そこで絵を学びたい子を

募って

教える事をしたらいい。

 

おっさんはそう提案しました。

 

彼女は即答で

 

 

 

 

 

と言いました。

 

しかし

それが当時の

おっさんの失策だったことは

言うまでもありません。

 

 

 

そうです・・・・

 

 

 

 

 

 

つづく・・・。

POSTED COMMENT

  1. 5姉妹 より:

    (笑)
    実家に誘ってますね(笑)
    親にも紹介することになりますね(笑)

    この時点でそれだけほりかんさんが魅力的になってるってことですね\(^^)/

  2. アキクロ より:

    おっさん
    やっぱり、おっさんって、ヌケてるよねぇ( ̄▽ ̄)
    うっかりさんなんだから・・・(^_^;)
    でも、そこがおっさんの魅力なのかな?( ̄▽ ̄)

  3. バイオレート より:

    おっさ~ん・・(^o^;)
    でもその失策がなければお子さんズはいませんね・・(^-^)

  4. sasatomo より:

    わはは( *´艸`)
    おっさんさん、自らおうちを教えたんですね(笑)
    それだけ、心を許しかけてたってことですね♪

  5. Yuki より:

    やった-!馴れ初め回,待ってましたっ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。